低収入で審査に通過

カードローン審査では銀行でも消費者金融でも返済能力がある事が必須であり、当然ながら安定した職種で高収入の方は返済能力が高いと見なされますし、低収入で不安定な職種や借金歴に傷がある場合は返済能力が低いと判断される可能性があります。

 

しかし、低収入だからとカードローン審査に通過出来ないというわけではなく、アルバイトやパート、自営業の方でも銀行や消費者金融カードローンを活用している例は多く、借金件数が多すぎたり過去の借金歴で傷が無ければ、利用枠の範疇で借金出来る可能性が高いです。

 

原則としては成人以上で収入の流れを持っている事が必要であり、無職で無収入状態の方が審査申込みを行う事は出来ないようになっていますし、借金を利用する以上は返済を確実に行う事を要求されますから、収入の流れを持つ事が必須なのは当然です。

 

学生でもカードローン審査に挑む事は可能であり、成人以上でアルバイトを行っている場合は学生専用ローンではなく、成人以上が利用する通常のカードローンを利用出来るようになっていますから、返済計画を立てた上で利用するのも良いでしょう。

 

低収入でも安定して収入が入って来る流れを持つ事が、カードローン審査では重要な要素になるのです。

 

安定した収入がありながらも所得自体は多くない方は、銀行系で安心感が高い借り入れをしつつ幅広い方が利用できるダイレクトワンの即日キャッシングがおすすめです。