おまとめローンとはどういったものかを知る

基本中の基本ですが、おまとめローンとはどういったものかご存知でしょうか。言葉の響きだけでも何となく分かるとおりに、おまとめローンは借り入れを一本化する借り方となります。

 

 

いくつものキャッシングなどの借り入れや支払いがあると、毎月の返済が非常に大きな負担となってしまいます。毎月の返済日や金額の確認をしなければならず、返済先が多いとそれだけ1社あたりの返済金額が少なくなってしまうので、なかなか元金が減っていかないのです。

 

払っても払っても利息の負担ばかりとなっており、いつになったら終わるか分からない状態となります。これでは無駄な利息の払いだけとなるため、借金返済のどうにもならない状況を打破するのがおまとめローンとなるのです。

 

おまとめローンの大きな利点

いくつもの支払いをまとめるおまとめローンは、メリットは返済先が1社で済むだけではありません。おまとめローンは1社から大きな金額を借りるのがほとんどのため、金利が低くなるメリットがあります。

 

おまとめ前が消費者金融の借り入れやクレジットカードのキャッシング利用の場合には、銀行でおまとめローンを利用すると、場合によっては金利が半分以下になることもあります。おまとめ総額が大きければ大きいほどに金利が下がるので、銀行のおまとめローンであればメリットも大きくなります。

 

利息を減らして返済を楽にする

金利が下がれば当然ながら発生する利息の金額も少なくなるので、おまとめローンの利用後は毎月の返済金額も少なくなる場合がほとんどです。支払い金額には利息も含まれているためで、利息が減れば支払う金額が減るのも当然です。

 

毎月の返済額が減れば月々のお金にも余裕が生まれ、臨時での任意返済も進めやすいです。任意返済が出来れば効率的にローン残高が減らせるので、翌月以降の利息が更に減らせるのです。

 

おまとめローンに限らずですが、支払いの基本はいかにして利息の負担を減らすかです。毎月1万円の返済とした場合に、利息が2千円と5千円の違いがあれば、それだけ元金分にあたる金額が変わるのです。

 

おまとめローンは返済先を1社にし、金利の低下による月々の返済金額の低下を期待するものです。そのため、まずは低金利のおまとめローンを利用しなければなりませんので、消費者金融のおまとめではなく、銀行からのおまとめローンの利用を検討すると良いでしょう。

 

銀行で借りるおまとめローンを調べるなら銀行のおまとめローンを見ておくと良いので、求める金利帯のカードローンでのおまとめやおまとめ専用ローンを見ておいてください。詳しいおまとめローンの情報はおまとめローンの使い方に書かれています。

 

カードローンは二つよりも一つ

ちょっとお金が足りなくなって困った時など、便利で重宝するのがカードローンです。しかし、だからといってカードローンを二つも三つも同時に使うのは考えものです。なぜならカードローンは利用数が増えれば増えるほど、管理だけでも大変になるからです。それに利息の支払い負担を考えても、複数のローンは決して効率的とは言えません。

 

そもそもカードローンとは借金の手軽な方法ですので、当然、数を多くすれば借金の件数が増えます。それはストレスが溜まりますし、精神衛生上も良くないでしょう。結局、二つのカードローンを使うよりも、本当に頼りになる一つのカードローンを使いこなすほうが得策と言えます。

 

それでは、どんなカードローンを選んだら良いのでしょうか。一つのカードローンを選ぶ際に外せない重要なポイントに、金利と利用枠(借り入れ可能な金額)があります。利息を考えれば可能な限りは低金利のものを選びたいですし、余裕のある十分な利用枠があったほうが良いに決まっています。

 

ただし、全てのカードローンには必ず審査がありますので、それに通らないことには話になりません。ですから金利と利用枠だけに心を奪われてしまうのは禁物です。実際に申し込む際には、審査の難易度にも注意しましょう。

 

多くを借りると失敗してしまう

カードローンの利用で失敗しないためにも、おまとめローンの利用以前にあれこれと複数から借りないようにすることも重要です。なるべく低金利で高い限度額のカードローンを使っておけば複数の借り入れをせずにも済みますので、低金利で高限度額となるパート主婦も借りられるオリックス銀行の借り入れを考えてみましょう。

 

借り入れ先を1社に絞っておけば、そうそう失敗はしないものなのです。